顧客のニーズ

学習塾においては、顧客の多様なニーズに応えるために、いろいろなサービスを提供しています。これは少子化の影響があります。少子化の影響の割に学習塾が非常に数多くあります。そうした中で子供たちに入ってもらうために、いろいろなサービスを展開しています。たとえば、ビデオ学習、マンツーマン指導の導入などが挙げられます。ビデオ学習は夏期講習や冬期講習などの講習会の授業を撮影したビデオを提供するサービスです。たいていは、当該年度の前の年やそれ以前に撮影したものになります。演習用として活用できます。マンツーマン指導とは1対1の個別指導のことです。性格的に集団指導が合わない子を対象にしたサービスです。個別指導で丁寧な指導を受けたい子に非常に人気があります。

学習塾を利用する保護者にとって、最も心配するのが以下のことです。授業の質と授業料の2つです。授業の質については、これは口コミやネットでの評判を確認したら、わかります。また、授業料の相場については、学習塾に直接確認してみることが大切です。それというのも、塾によってサービス内容が異なりますし、それに伴って料金も異なるからです。具体的に言うと、集団指導と個別指導の授業を両方とも提供している学習塾の場合は、集団指導を選択するとかなり安価に授業を受けることができます。一方、個別指導の中でも、一緒に受講する生徒の数を増やせば、料金が安くなります。これは、たとえば、講師1人に対して生徒が1人から3人に増えると、人件費を安く抑えることができるからです。