保育士志望なら大学へ

保育士を養成する大学が増加しています

保育士になりたいという人は今も昔も非常に多く、大学等の保育・教育系の学部・学科はとても人気があります。最近は四年制大学でも保育士資格が取得できる学校も増加してきています。 四年制大学の場合、保育士資格に加えて教員免許(主に幼稚園教諭、小学校教諭)のほか、社会福祉士受験資格や介護福祉士など多くの免許・資格を併せて取得することを目指せるところが多くなっています。 学費の面では、学校によって差はありますが文系学部の平均的な金額であることがほとんどです。初年度納付金がおおむね100万円〜130万円程度が相場となっています。なお、複数の資格取得を目指す場合は、その都度実習費が必要になるので各学校の実習に関わる費用を募集要項などで調べておくといいでしょう。

幅広い専門性が求められるように

一昔前であれば、保育士の養成は短期大学が主流でした。しかし今では四年制大学で保育士資格を取得する人が多くなってきています。また、保育士だけでなく、近接領域(教育、福祉など)の免許・資格を併せて取得することを目指すなど幅広い専門性を身に付けさせようとしている大学が多くなってきています。今は保育の世界も多様化しており、幅広い専門性のある保育士は今後重宝されていくことと思われます。 また、最近は保育士を目指す男子学生も多く、たくさんの大学で男子学生を受け入れて男性保育士の養成も行っています。伝統的に女子大学だったところでも共学化して男子学生を受け入れるようになった学校もあります。 時代に合わせて保育士も大学も変化していってます。様々な大学の特徴をオープンキャンパスやパンフレットなどで調べて検討するといいでしょう。