タイプ

どのような塾が合っているか

塾には多くのタイプがあり、どのタイプのものが子供に合っているかを見極めることが大変肝心です。 大きく分けると、集団で指導を行うものと個人指導を行うものがあります。以前塾は集団指導がほとんどでしたが、最近は個人指導が人気を集めています。ライバルと切磋琢磨することで成績が伸びる子供は集団指導が向いています。分からないところは徹底的にその場で質問しなければ気がすまない子供や、集団指導だと後ろのほうに座って遊んでばかりいるような子供は個人指導が向いているでしょう。また、英語は集団指導を受けるけれど、数学は個人指導を受ける、というように分けて指導を受ける子供もいます。そのため、両方の指導を行う塾も増えてきています。

どのような特徴があるか

個人指導は、最近になって変化を遂げてきています。今までは家庭教師のように一対一で教えることがほとんどでしたが、この場合は塾の月謝が非常に高額になることであまり人気が高くありませんでした。しかし、最近の個人指導は、一人の先生が同時に二人の生徒を教えるようになっています。一人の生徒が質問をしている時はもう一人の生徒が問題を解く、といったように、指導を短時間のうちに交代で行います。そのため、別の学年の生徒が、別の教科を習うという状況もあります。一対一の指導ももちろんできますが、一人に集中してもらえるため月謝は高めになります。指導は一コマ一時間半であることが多く、テスト期間などは延長してもらうことも可能です。